MENU

新居浜市、西条市の外壁塗装ならマスターペイントへお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-300-839 受付時間 10:00~17:00(月曜日定休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい クオカードプレゼント中

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 屋根塗装が必要なタイミングを解説!

屋根塗装が必要なタイミングを解説!

塗装の豆知識

2022.07.03 (Sun) 更新

こんにちは🎵

愛媛県西条市・新居浜市・四国中央市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店マスターペイントです。

いつも現場ブログをご覧いただき誠にありがとうございます💎

マスターペイントは、地元の皆様が、住まいの塗装について

どんな小さなことでも気軽に相談できて、

実物を“見て・触って・体感”できるようなショールームを築き上げております😌

皆様に心から納得していただける塗装工事のご提供をお約束します。

👉お問い合わせ・無料相談はコチラから

👉ショールーム紹介はコチラから

 

屋根は自分で劣化状況が確認できませんが、屋根のメンテナンスをせず放置すると

雨漏りなどが起き、大規模なリフォームに繋がってしまうこともあります。

そのようなことを未然に防ぐためにも、今回は屋根塗装をおこなう時期や劣化のサインについて、わかりやすくご紹介いたします。

 

目次

1.屋根塗装を行う目安は何年?

2.屋根塗装をするべき劣化の状態とは
2-1.瓦のひび割れ・棟板金の浮き・漆喰の劣化は今すぐ修繕が必要
2-2.苔やカビの発生・瓦の反りはメンテナンスの検討を

3.まとめ

1.屋根塗装を行う目安は何年?

外壁塗装をを行う目安は、「築10年」と言われていますが、屋根の場合はどうなのでしょうか。
屋根のメンテナンスの目安も外壁塗装と同じで築10年目が目安です。しかし、屋根は外壁と比較して、雨風や日射の影響を多く受けるため、定期的な確認が必要です。
また、屋根には様々な種類があります。各屋根の種類における耐用年数と塗装する目安の年数はどのくらいなのかご説明いたします😌

屋根材 耐用年数 塗り替え目安年数
日本瓦 50~100年 必要なし
セメント瓦 30~40年 5~10年毎
スレート瓦 20~25年 5~10年毎
金属屋根 30~60年 5~10年毎

表のように、屋根には耐用年数はありますが、その前にメンテナンス(塗装)は必ず必要です。大切な住宅の屋根の性能を保つためにも、日本瓦以外の屋根は10年ほどで塗装を考えましょう。

屋根は外壁よりも早く劣化してしまい、地域によっては10~13年もつと言われているシリコン塗料を塗でも、8~10年ほどしかもたない場合もあります。
そのうえ屋根の塗膜の劣化が進行し、防水効性能が失われると水分が建物内部が腐食し、建物全体の劣化に繋がります。

屋根は中々見る機会のない場所のため気づかない間に劣化が進み、気づいた時にはひどい劣化になっていることが多いです。そのようなを防ぐためにも、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

2.屋根塗装をするべき劣化の状態とは

外壁の劣化状況は自分で確認できますが、屋根は自分で見て確認することが難しい場所です。では、できる限り早く屋根の劣化状況を把握するには、
どのようなところを見ればいいのかお伝えいたします。

2-1.瓦のひび割れ・棟板金の浮き・漆喰の劣化は今すぐ修繕が必要

瓦のひび割れ

瓦のひび割れを放置すると、瓦が落下してしまう恐れがあります。

瓦が落下してしまうとと、瓦のサイズによっては瓦の下の防水材と釘が丸見えになる場合があります。
このまま放置してしまうと、雨水が住宅内に浸入し雨漏りに繋がる恐れがあります。野地板が腐食すると、屋根の葺き替え工事を行わないといけなくなるため、早急なメンテナンスが必要となります。

棟板金の浮き

スレート屋根・金属屋根を使用している場合、屋根の頂点に棟板金があります。棟板金が劣化するでを止めている釘を押し出し、抜けてしまう場合があります。
この劣化症状を放置しておくと、下地材がむき出しになってしまう場合がありますので早急にメンテナンスを行うことが好ましいです。

漆喰の劣化

瓦屋根の場合、固定や接着に漆喰を使用します。この漆喰も雨風や日射によって経年劣化します。劣化が進むと瓦を固定する力が弱まるため、風や地震の影響で瓦がズレたり、落下してしまう場合があります。また衝撃により欠けや割れが起こり、雨水が浸入することで雨漏りが起こることもありますので、漆喰が劣化していた際もメンテナンスが必要です。

2-2.苔やカビの発生・瓦の反りはメンテナンスの検討を

苔やカビの発生

屋根材の表面に苔やカビが発生すると屋根の耐久性と塗料の性能を悪化させてしまうため、その他の劣化につながる可能性があるのでメンテナンスが必要です。

瓦の反り

スレート瓦の劣化が進行すると、苔の発生だけでなく反り・ひび割れが発生します。例えば、瓦が水分を含んだ状態で凍ったり、強い日差しにより急激な乾燥状態になるなどを繰り返すと瓦の反りが起こります。知りあがった箇所から雨漏りがおこる可能性もありますので、メンテナンスを検討しましょう。

 

3.まとめ

本日は屋根の劣化のついてまとめてまいりました。
屋根は外壁と違い簡単に劣化症状を確認することが出来ません。
今回、少しでも不安になった方は専門業者に点検してもらうことをお勧めします!

マスターペイントでは地域の皆様が安心して暮らせますよう、無料相談・無料診断を実施しております😌

👉お問い合わせ・無料相談はコチラから

ぜひお気軽にご相談ください!

本日も最後までご覧頂き、誠にありがとうございました🦄

 

弊社は、愛媛県新居浜市・西条市を中心に外壁塗装・屋根塗装をご提供しております。

外壁塗装工事という、皆様のお住まいを守る工事を行うにあたり、

お客様にご安心して任せて頂けるように努めております🔥

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方はマスターペイントへぜひご相談ください。

 

WEBからのご来店予約はコチラをクリック

スマホからお電話でのご来店予約はコチラをクリック

カラーシュミレーションのご予約はコチラをクリック

外壁塗装施工事例一覧はコチラをクリック

外壁塗装メニューはコチラをクリック

屋根塗装メニューはコチラをクリック

マスターペイントが新居浜市・西条市で選ばれる理由はコチラをクリック

外壁塗装専門店 マスターペイントへようこそ

株式会社 マスターペイント

代表取締役 西元 章人

新居浜市・西条市にお住いの皆様、いつもお世話になっております。外壁塗装・屋根塗装専門店 マスターペイントの代表取締役 西元章人です。
本日は数あるホームページの中からマスターペイントのホームページをご覧いただきありがとうございます。

弊社は、愛媛県新居浜市・西条市を中心に外壁塗装・屋根塗装をご提供しております。今日まで発展できましたのも、多くの皆様のお力添えと支えによるものであり、深く感謝しております。
外壁塗装工事という、皆様のお住まいを守る工事を行うにあたり、お客様にご安心して任せて頂けるように努めております。

また、工事完了後のアフターフォローも含め、最後までお客様に納得していただいて、喜んでいただくまでが私どもの仕事だと考えております。

マスターペイントは今後も、新居浜市・西条市にお住いの皆様に愛される外装塗装・屋根塗装専門店を目指して参ります。

サービスと品質の向上を追求し、お客さまにより高い満足と安心を提供し続けます。

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方はマスターペイントへぜひご相談ください。

  • 新居浜ショールーム アクセスマップ

    マスターペイント新居浜ショールーム

    〒792-0025 愛媛県新居浜市一宮町二丁目3-39
    TEL:0120-300-839
    営業時間 10:00~17:00(月曜日定休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-300-839
    受付時間 10:00~17:00(月曜日定休)

    無料お見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 無料 外壁塗装ショールームへお越しください!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-300-839 10:00~17:00(月曜日定休)

お問い合わせフォーム

新居浜市の外壁塗装専門店マスターペイント 外壁塗装専門店
マスターペイント

〒792-0025
愛媛県新居浜市一宮町二丁目3-39
TEL:0897-47-6170
FAX:0897-47-6168

対応エリア

対応エリア図